UMIってどんな会社?

UMIは、うみ、ではなく、ユーエムアイと読みます。 Unique、Marine、Ingedientsの頭文字、すなわち、独自の海からきた素材、ということになります。

このままでは何の事だかわかりづらいのですが、つまり、UMIは海の素材を研究し、その研究によって生み出された製品を人びとに提供するという意味であるそうです。 その目標は、海の素材を生かして人びとの生きがいある生活をサポートすること。

UMIは親会社である焼津水産化学が研究、開発した材料を使い、まるで海を感じさせないような独創性のある商品を生み出してきました。

UMIのグルコサミンコンドロイチン

一般的なグルコサミンのサプリメントは、甲殻類由来のグルコサミンを使用しています。 一体どのように蟹や海老の殻からグルコサミンを取り出すのかといえば、かなり乱暴に説明すると、塩酸で殻を溶かすことによって、取り出しています。

そのため、サプリメントの名称にはグルコサミン塩酸塩という表記がしてあると思います。 UMIの「N-アセチルグルコサミン」は塩酸によって、グルコサミンを取り出しているのではなく酵素の力でグルコサミンを取り出しています。

そのため体内で吸収されやすく、また味も良いため毎日の摂取が辛くありません。

グルコサミンコンドロイチンの価格

「N-アセチルグルコサミン」の値段は30粒入り一カ月分で4400円。 一日当たりに計算するとおよそ146円です。 定期購入をする場合は割引が適用されます。

定価から10パーセントオフで購入することができるため3960円です。 さらにこれを一日当たりの料金に計算しなおすと132円になります。

比較的安価なグルコサミンサプリメントの値段が一日当たり、100円前後であることを考えれば、このN-アセチルグルコサミンにかかる料金が安いとは決して言えません。 しかし、一日一錠で済む手軽さ、含有グルコサミンの質・吸収力の高さを考慮すれば、決して無駄な浪費にはなりません。


関連記事を読む 》 日本薬師堂のグルコサミンコンドロイチン