資生堂ってどんな会社?

日本初の欧米スタイルの調剤薬局、日本の化粧事情のけん引役、それが資生堂です。 資生堂は明治5年に創業して以来、日本の健康や美容、とくに女性の化粧の分野においてトップを走り続けている企業です。

化粧品やコスメティックのブランドとしてのイメージが強く定着していますが、資生堂では外側だけでなく、内側からも美しくなれるような事業を展開しています。 資生堂の掲げる目的は瞬きするほどの短い時間も、生まれてから死ぬまでの人生も、その両方を美しくする、ということです。

どんな形であっても、美しく生きたいという願いをかなえることが資生堂の行動理念であるのでしょう。

資生堂のグルコサミンコンドロイチン

資生堂で提供されているグルコサミンコンドロイチンのサプリメントは「グルコサミン+コンドロイチン」です。 グルコサミンやコンドロイチンに加え、各種のビタミンやカルシウムが添加されている、身体の節々から元気になるためのサプリメントです。

一日9錠を目安に摂取をすると、1500mgのグルコサミンと、400mgのコンドロイチンを取ることができます。 コンドロイチンは一日の理想摂取量と比べれば若干少なめであるものの、□■抽出物○○mg配合とコンドロイチンの含有量の少なさに目が向かないようにしている他の商品と比べれば、多く含まれていると言えます。

グルコサミンコンドロイチンの価格

資生堂のグルコサミンコンドロイチンは錠剤タイプで、瓶に詰められ販売されています。 容量は270錠で、一日の摂取目安が9錠であることを考えると、単純計算で30日、約一カ月間飲むことができます。

一瓶当たり270錠の値段は4200円。 これを一日に換算すると、140円になります。

比較的高めな値段設定ですが、ビタミンBなどの、個別のサプリを飲んででも進んで摂取したい成分が配合されていることを考えれば、それほど割高という訳ではないのかもしれません。 また、定期お届けサービスを実施しており、全国配送料無料や、その他のポイントサービスを考慮に入れると、ますます安く手に入れることができます。


関連記事を読む 》 世田谷自然食品