コラーゲンとは

わたしたちの生活にあるもっとも身近なコラーゲンは恐らくゼリー(ゼラチン)だと思います。 コラーゲンとは、私たち人間や、その他の動物の皮膚や腱、軟骨などを構成している蛋白質です。

ゼラチンの主成分でもあり、同時に人間の主成分――人間のすべての蛋白質の内三割がコラーゲン――でもあります。 最近では美肌効果があるという触れ込みで、様々な商品に配合されるようになりました。

コラーゲンの効果

一般的にコラーゲンには美肌効果があると言われています。 コラーゲンを、コラーゲン入りのサプリ・ドリンクを摂取すれば、肌が若返るあるいは、関節の障害が改善するという触れ込みで多くの商品が開発、販売されています。

一方でその効果への疑問の声も上がっています。 しかし、コラーゲン自体は単なる蛋白質の一種なので、それを摂取することは、肌や体を構築する蛋白質を摂取することになるため、決して害になるものではありません。

コラーゲンの副作用

基本的にはコラーゲンは単なる蛋白質の一種ですので、副作用はないと言えます。 もちろん、使用者の体質によってはアレルギー症状がでたり、消化不全を起こしてしまうこともあるようですが、本来身体の中にふつうに存在するものなので、そういった危険性もあまり高くはありません。

しかし、コラーゲンだけを大量に摂取することはおすすめしません。 急にコラーゲン=蛋白質だけが入ってきたことで、身体のバランスが崩れ、吹き出物や肌荒れが現れることがあります。

大切なのは、きちんとした食生活にあくまで補助食品としてサプリを摂取することです。


関連記事を読む 》 サプリメントの選び方