小林製薬ってどんな会社?

「“あったらいいな”をカタチにする」がキャッチフレーズの日本の製薬会社の中でもユニークな存在である小林製薬です。 特徴は毎年大量に生み出される新商品の数々。

その突出した発想力で、毎年新たなイノヴェーションを作り出し続けています。 医薬品を手掛ける大手会社らしく、その成分を開示する姿勢は誠実そのもの。

小林製薬のウェブページは、シンプルで見やすい作りになっていますが、商品一つ一つに、その製品の特徴から、成分、分量、用法、使用上の中から廃棄方法まで記述してあります。 製品を買う前にインターネット上で全成分表示を確認することができるので、きちんと納得したうえで商品を買うことができます。

また製品ごとにQ&Aが設置してあるのもうれしいポイントです。

小林製薬のグルコサミンコンドロイチン

小林製薬で取り扱っている、グルコサミンもしくはコンドロイチンの商品は主に3つです。 グルコサミン単体を摂取できる「グルコサミン」、コンドロイチンを摂取したい人向けの「コンドロイチン」、そしてそれらの複合系にヒアルロン酸を配合した「グルコサミン コンドロイチン硫酸 ヒアルロン酸」です。

「グルコサミン」は一日1600mgのグルコサミンを摂取できるもので、成分はほぼグルコサミンのみというシンプルな製品です。 着色料や香料などを一切使っていない無添加なので安心して服用することができます。

「グルコサミン コンドロイチン硫酸 ヒアルロン酸」はグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸の三つを同時に摂取でき、利用者のニーズに合わせた商品であるといえるでしょう。 一日当たり約1400mgほどのグルコサミンと、100mgほどのコンドロイチンが摂取できます。

グルコサミンコンドロイチンの価格

「グルコサミン」「コンドロイチン」は約一カ月分で1600円と2000円と、安価に買うことが出来ます。 また「グルコサミン コンドロイチン硫酸 ヒアルロン酸」は一カ月分で、25000円と、こちらも良心的な値段設定であると言えます。

ユーザーの需要に合わせながらも、無駄な成分をカットしたシンプルな構成が、このような低価格を実現しているのかもしれません。


関連記事を読む 》 サントリーのグルコサミンコンドロイチン