ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、コンドロイチンと同じムコ多糖の一種で、正式な名前をHyaluronan(ヒアルロナン)といいます。 グルコサミンとグルクロン酸によって合成されます。

保湿成分がとても高く、化粧水などに配合されているのを見たことがあるひとも多いのではないでしょうか。 人間の体内にも多く存在しており、関節や皮膚、とくに軟骨などの構成要素の一つです。

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸はその高い保水力を生かして、化粧水などの保湿成分として使われることが非常に多いです。 以前はヒアルロン酸配合と高々と謳っていた商品もあったのですが、最近ではあまりにも当たり前に配合されるようになってきました。

また、今日では経口タイプのヒアルロン酸が含まれたサプリメントが発売されるようになりました。 これは体内からヒアルロン酸を摂取し、肌や軟骨などにヒアルロン酸を供給することで、張りのある肌や、軟骨を保護する機能の向上を目指すものだと思われます。

ヒアルロン酸の副作用

ヒアルロン酸は、自然界に広く分布する成分ですし、そもそも人間の身体の中で合成される成分でもあるので、今の所、副作用がでたという報告は聞こえてきません。

だからと言って、肌に塗れば塗るほど、摂取すれば摂取するほど高い効果が期待できるというものでもないので、適切な量を適切な方法で使用しましょう。


関連記事を読む 》 コラーゲンとは