グルコサミンって何?-基礎知識から効果・効能まで

グルコサミンとは、ブドウ糖とグルタミン酸からなるアミノ糖の一種です。 私たちの身体の中ではN-アセチルグルコサミンという変化した形で存在し、骨髄や軟骨を形成しています。

また自然界においては、蟹や海老などの甲殻類の殻、貝殻、動物の骨などに存在しています。 通常、グルコサミンは私たちの身体の中で合成されています。

しかし老化と共に身体の機能が低下すると、消費に対する合成量が追いつかなくなってしまい、間接の障害などが引き起こされてしまう可能があります。

グルコサミンの効果

グルコサミンに効果があるかどうかには諸説あるのですが、一般的にはひじやひざ、股関節などの痛みを和らげる効果があると言われています。 間接に存在する軟骨は、普通の骨(硬骨)と比べ柔軟性があり、衝撃を吸収する機能を果たしています。

しかし、軟骨は日常所作によって摩耗してしまうので修復をしてやる必要があります。 十分に修復をしないと軟骨が機能不全を起こしてしまい、関節痛や間接炎などの症状があらわれてしまうのですが、グルコサミンを摂取することによって軟骨が修復され、間接の痛みが和らげられるのです。

グルコサミンの副作用

グルコサミンは身体の中にふつうに存在するものなので、それを摂取することで劇的な副作用が起こることはありません。 しかし、過ぎたるはなお及ばざるがごとしと言うように、摂取しすぎることはあまり良いことではありません。

グルコサミンを一日の摂取目安を大幅に超えて摂取するとことによる、腹痛や胸やけなどの症状が報告されています。 また、市販されている商品のグルコサミンは蟹や海老の殻由来のものが多いので、甲殻類にアレルギーを持っている方は十分注意し、医師と相談の上摂取しましょう。


関連記事を読む 》 コンドロイチンとは