サプリメントと医薬品の違い

サプリメントは気軽に飲めるけど、薬は敷居が高い。 サプリメントは信頼ならないけど、薬なら信頼できる。 サプリと医薬品にたいして持っているイメージはそれぞれ違うと思います。

では具体的に、サプリメントと医薬品というのはどう異なっているのでしょうか。 法律上の区分で考えると、医薬品や薬事法で厳密に定義されたものであると言えます。

長い期間をかけた臨床実験などによってその効果が立証される必要があり、その売買、利用についても決まりがあります。 一方サプリメントは、日本の法律上では食品というあつかいです。

どうしても普通の食事では摂取できない栄養素を、補助的に摂取するための食品がサプリメントです。 したがって、なにか病気を治す効果はありませんし、そういった効果を持たせる必要もありません。

サプリメント含有成分の正しい見方

サプリメントは、法律上は食品という扱いになっているため、その成分表示も食品の表示の仕方に準じています。 通常JAS法と呼ばれる、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律によって、品質表示の仕方は決められています。

名称や原材料名にくわえ、内容量、賞味期限、保存方法などを表示しなければならないことになっています。 また原材料は、基本的に含有量が多いものから順番に表記されます。

水などは原材料表記から省略されていることが多いようです。 また、栄養機能食品である場合には栄養成分の機能を表示する必要があります。

グルコサミンコンドロイチンの正しい飲み方

先にも述べたとおり、サプリメントは医薬品ではないため、基本的にはいつのんでも大きな問題にはなりません。 しかし、サプリメントを摂取するからにはきちんと効果が期待できるように摂取したいものですね。

まず第一に配慮しなければならない点は、必要以上に摂取しないということです。 なんとなく、飲めば飲むほど効果があるような気がしてしまうのは分かるのですが、必要以上に摂取しても、吸収されずに排出されてしまうか、悪い場合は身体に負担がかかってしまいます。

また、第二に一度にまとめて飲まないことです。 もちろん、飲んでも構わないといえば構わないのですが、出来れば一日2〜3回に分けて飲むのが好ましいでしょう。

食前食後食中いつでも良いのですが、胃腸が弱い人は食後に飲むと胃荒れを避けることができます。


関連記事を読む 》 サプリメントの含有量比較